住宅塗装 まつうら工業 ~ 住まいの外壁塗装・屋根塗装リフォーム/佐世保、松浦、平戸、佐々など長崎県北地域の塗装(長崎県松浦市)

資料進呈

資料進呈

customer_voice

customer_voice

施工事例

施工事例

basic_title

塗料の違いと特徴

安価商品、価格重視の方にオススメ!

アクリル樹脂塗装
現在使用されている外壁上塗塗料のなかでは最も安価な商品です。
20年くらい前は公共工事等でも一般的に使用されていた塗料ですが、最近は高品質の塗料が比較的安く手に入るようになったため使われることはずいぶん少なくなってきました。

アクリル樹脂塗料の特徴

耐久性は低く、3~5年程度でチョーキング(※)や変退色(※)などの劣化現象が発生してきます。
したがって次回の塗り替えは10年以内と早くなりますが、とにかく今、安くキレイにしたい!という方にはお勧めです。

 

一般的に使用されるバランス型塗料

ウレタン樹脂塗装
アクリル樹脂塗料にかわって使用されるようになり、住宅から自動車、または橋げたなどまで非常に幅広い分野で使用されているのがこの塗料です。

ウレタン樹脂塗料の特徴

品質と価格のバランスがとれているため使用実績も多く、安心できる塗料といっていいでしょう。
耐久性としては、5~7年程度でチョーキング(※)や変退色(※)などの劣化現象が発生してきます。
次回の塗り替えまでは10~15年が目安です。

 

主流となりつつある高品質塗料

シリコン樹脂塗装
ウレタン樹脂塗料よりも高品質な塗料です。以前は価格が高く、高級品という位置づけでなかなか一般化しませんでした。現在では技術開発とメーカー間の競争によって価格が下がってお求めやすくなりました。
個人的には今が買い時の塗料だと思います。

シリコン樹脂塗料の特徴

耐久性としては7~10年程度でチョーキング(※)や変退色(※)などの劣化現象が発生してきます。
次回の塗り替えまでは15年以上を目安にすることも可能だと思います。

 

最高の品質、プレミアム塗料

フッ素樹脂塗料
外壁上塗り塗料分野において最高の品質と耐久性を持つ塗料です。
『フッ素塗装』という名前だけは耳にされた方も多いかもしれません、確かに品質は高いのですがお値段もまだまだ高いのが現状です。 
ということでなかなか選ばれることが少ない塗料ですが、品質についてはご満足いただけるものです。

フッ素樹脂塗料の特徴

耐久性としては10~15年程度でチョーキング(※)や変退色(※)などの劣化現象が発生してきます。
次回の塗り替えまでは20年以上を目安にすることも可能だと思います。

 

夏の暑さを少しでも減らいたい方

遮熱塗装
夏の暑さ軽減や光熱費等の削減にもつながるエコな塗料ということで、最近各メーカーが力を入れている商品です。まだまだ開発途上の分野なので、これからさらに高性能の新製品が投入されてくると期待しています。

遮熱塗料の特徴

現状では色によって遮熱効果にかなりの差が生じています。色合いが『白』に近いほど高い効果が期待できるのですが、濃い色の場合は思ったほどの効果を得られないようです。
当社では性能と価格のバランスを見極めている段階で、積極的には採用しておりません。

 

用語説明
チョーキング
塗膜劣化の代表的な現象のひとつ。塗膜中の樹脂が太陽の紫外線によって分解され、表面に顔料だけが残っているで、表面を触ると手に白いチョークの粉のようなものが付着するのでこう呼ばれています。
変退色
塗膜にツヤがなくなったり色が薄くなったように見える現象。紫外線や雨などの水分により塗膜表面が劣化したり傷ついたりすることによって起きます。
耐久性
ここでいう耐久性とは上塗り塗料に求められる一般的な品質である『耐候性』を基準としています。
耐候性が低い塗料は、塗装後早期に変退色やチョーキングを発生してしまします。これらの現象が発生するまでの期間が長さが耐久性の高さとなります。
ただし同じ樹脂系統の塗料でも商品によって耐久性は異なります。上記年数はあくまでも一般的な目安として参考にしてください。
コケやカビ、汚れなどを考慮した場合は、耐久性が短くなる場合もありますのでご注意ください。

 

bs_ftl