住宅塗装 まつうら工業 ~ 住まいの外壁塗装・屋根塗装リフォーム/佐世保、松浦、平戸、佐々など長崎県北地域の塗装(長崎県松浦市)

塗装一筋35年、どこよりも塗装にかけては自信があります。

松浦工業はもともと鉄鋼塗装や建築塗装(公共施設やビル・マンションなど)を専門に行っておりました。
鉄鋼塗装や公共施設の塗装は、品質がとても厳しく問われる仕事です。

ですから塗装工事にあたっては、どのような施工を行ったかという品質管理について綿密なデータを提出し、それに対して当然厳しい検査が行なわれます。

それは『1平方メートルあたり○グラムの塗料を使用します』『この船体には塗膜厚を○ミクロン塗装します』という緻密な世界。私たちはこういった経験を通して、ひとつひとつの工程を大切にすること、そして絶対に手を抜かないことをお客様から求められ、着実にこなしてきました。

一般住宅の塗装に関しては、これまで依頼があった場合のみ手がけてきました。そのため、住宅の塗り替え実績は専門に行っているリフォーム店や塗装店より少ないかも知れません。
しかし塗装の技術と知識、それに仕事の進め方や心構えはどこにも負けない自信があります。

住宅塗装においては、手抜き工事への不安や、塗装技術(品質)への不信を訴えられることが多いということを知っています。しかし松浦工業のスタッフ・職人に限っては、そういう心配はいりません。
なぜなら、私たち自身がどう手を抜けばいいのかを知らないから、そしてどうやれば品質の低い仕事になるのかを知らないからです。

ただ「塗る」という技術だけなら、松浦工業と他の会社との間に驚くほどの差はないかもしれません。
しかし、よく見ていただけば、劣化の状態に応じた塗料選びや天候に応じた工程の変更、予期せぬトラブルが起こった時の対処などあらゆるところに”違い”が光っていることが、わかっていただけるはずです。

さらに塗装に取り掛かるまでの下準備、段取りから挨拶や言葉遣いといった人間としての基本的態度まで、すべてが、松浦工業の一員としての能力に関わることと私たちは受け止め、体が自然にそう動くようになるまで、繰り返し繰り返し勉強を続けています。


私たちのふだんの仕事ぶりを通して、松浦工業の技術力の底の厚さを実感していただければ、こんなに嬉しいことはありません。