住宅塗装 まつうら工業 ~ 住まいの外壁塗装・屋根塗装リフォーム/佐世保、松浦、平戸、佐々など長崎県北地域の塗装(長崎県松浦市)

日本の住まいの寿命

u03_01住まいが建てられてから取り壊されるまでの平均年数は約30年。
一説によれば、住宅ローンの平均返済期間が約30年なので、ハウスメーカーはローンが完済した頃に再度建て替えを勧めるために30年程度の耐用年数を基準に家づくりをしている…そんな話を耳にしたことがあります。

事の真意は別としても、耐用年数30年というのは生活様式(エアコン等を多用した快適な温度湿度管理)も住まいの構造(気密性を重視した作り)も昔とは違う現代であれば非常に現実的な年数だと思われます。

新築した後30年間全くメンテナンスをしないというのは無理な話ではありません。
しかし、その後もずっとその家に住み続けるためには、大規模なリフォームを必要とする場合が多くなります。「大規模」というのは塗り替え程度では済まない、外壁材や屋根材をまるまる取り替える数百万円規模のリフォームのことです。
それだけのリフォームへの備えをされている方がどれだけいるでしょうか。

u03_02

住まいも人間の体と同じで、自分の体をいたわらない生活は、後に病気という大きな代償を払わなければならないように、住まいも定期的なメンテナンスが必要なのです。

u03_03