住宅塗装 まつうら工業 ~ 住まいの外壁塗装・屋根塗装リフォーム/佐世保、松浦、平戸、佐々など長崎県北地域の塗装(長崎県松浦市)

プロでも判断が難しい塗装直後の品質

uf01_01これだけ『失敗しないリフォーム』『失敗しない業者選び』という言葉で書籍が売れるのは、外壁塗装、屋根塗装というものがわかりにくいことが理由だと考えています。

例えば新築の家であれば、「デザインが良い」とか「使い勝手のアイデアが優れている」など一目で善し悪しがわかる部分が多いですよね。

しかし塗装の場合、塗った直後はプロの私たちでさえも品質の優劣を付けにくいものなのです。
塗装の善し悪し(品質)は塗装完了後、数か月~1年程度経たないと分かりません。逆に1年経って問題なければ、適切な塗料を正しい施工方法で塗装されたといっても過言ではありません。
それ以降に発生する問題は、施工方法ではなく塗料の問題か自然条件が通常以上に悪い場合です。
作業条件などの塗装品質が悪ければ数ヶ月で塗膜が剥げたり膨らんだりと言ったトラブルが起きます。

uf01_03

こういったトラブルは手抜きさえしなければ、最低限の知識で防ぐことができます。
しかし経験や慣習に頼りすぎその最低限の知識教育すらされていないのが、現在の塗装業界の最大の問題点です。
関西ペイントという塗料メーカーで塗料と塗装のあらゆる知識を学び、塗料販売店や塗装業者に様々なアドバイスを行っていた私の経験から言えば、リフォーム専門店はもちろん、塗装専門店であってもこういったトラブルへの予防策や対処策を持たない方も多くいるのです。
あくまでも私個人の経験に基づく私見ではありますが、残念ながらそれが今の塗装業界の現実だと思います。

長い時間を経過しないと品質の差が目に見えないことが、皆さまがお悩みになっている原因であるかもしれませんが、そこをお客さまの知識不足とするのはおかしいことです。
業界全体で適切な塗料を正しい施工方法で、そして適正な価格で行うよう努力すれば、メディアで騒がれるほどのトラブルにはならないはずなのです。

こういった努力を当社だけ行って意味があるかはわかりません。しかし業界のより良い方向のため、ひいてはお客様の住まいを守るため、私たちは日々、誠実な価格と適正な施工の努力を続けています。

uf01_02