住宅塗装 まつうら工業 ~ 住まいの外壁塗装・屋根塗装リフォーム/佐世保、松浦、平戸、佐々など長崎県北地域の塗装(長崎県松浦市)

資料進呈

資料進呈

customer_voice

customer_voice

施工事例

施工事例

basic_title

外壁・屋根の塗装手順

まずご近所に、工事で近所に迷惑をかけるという挨拶をします。
そして安全確保のために足場を架設します。足場には洗浄水や塗料の飛散防止ネットを張ります。
架設作業にかかる日数はだいたい1~2日です。
 
塗装する外壁や屋根にこびりついた埃や汚れ、カビやチョーキングした塗膜を高圧洗浄機によって洗い落とします。
高圧洗浄は下処理の一部であり、塗膜を長持ちさせるためには必要不可欠な作業です。この作業が不十分であると、塗装後に 「ふくれ」や「剥がれ」といった塗膜欠陥が引き起こされます。
屋根洗浄の際には雨樋の詰まり等も一緒に点検します。
 
高圧洗浄では除去する事ができない、脆弱な塗膜(膨れ・剥がれ)や錆がある場合は入念にケレン・清掃する必要があります。
外壁・屋根の劣化・破損症状に応じて、クラック補修・シーリング工事・屋根材の部分差し替え等の補修を行います。
 
ビニール・ガムテープ・マスキングテープ等(耐溶剤性・耐熱性に優れたテープ)を用いて養生します。
養生は塗料が塗装しない部分や周辺や植木、盆栽等に飛び散らないようにするためのものです。
きっちりした養生を行うことで施工性と仕上がり感が大きく変わります。
 
下地塗料を塗り残しがないよう塗装します。
下塗りとは、塗料を外壁にしっかり定着させるための大事な工程です。
下塗り塗料が乾燥した後に、塗り残しがないよう注意を払いながら中塗り塗装、上塗り塗装を行います。
中塗り、上塗りあわせて合計2~3回ローラーや刷毛を用いて、丁寧に塗装します。
中塗り、仕上げの上塗りには基本的に同じ塗料を使いますが、塗り残しがないように中塗りの色を少し変えることもあります。
屋根の場合、中塗りが必要かどうかは材質によって変わります。
 
塗装が終わったら、養生を外します。
周囲に汚れが付着している場合は、丁寧に溶剤・ウェス等を用いて掃除をします。
必要に応じて、部分塗装を行います。
 
仕様書と照らしあわせ、問題がないか全体をチェックして、もしも修正すべき点があれば修正します。
 
点検で問題なければ足場の解体、撤去をします。
また、周囲の清掃をしたり、工事前に移動した植木鉢などを元にもどします。
 
bs0209
引渡し後、工事完了になります。